前へ
次へ

着物買取業者の中には正直でまともな業者もいます

今から10年くらい前に亡くなった母の着物を処分したことがあります。
大変高価な着物ばかりで、値段が付けられないように高価なものもありました。
母は九州では有名な踊りの流派の名取でした。
お弟子さんもたくさんいて、土日にはたくさんの子供たちが踊りを習いに自宅に訪れました。
母が亡くなってから自宅の雰囲気がガラリと変わってしまいました。
もはや九州の自宅を訪れるお弟子さん達は一人もいなくなったのです。
これは息子である私にとってとても大きなショックでした。
ですがこれは致し方のないことです。
人間というものはひとたびこの世に生まれ落ちればやがては一度必ず天国に召されるのが運命です。
そういうふうに神様が私たちをおつくりになられたので、それを私達が変えるわけにはいきません。
ここは神様が決められた運命にしたがって、毎日を精一杯生きるしかないのです。
母の着物を処分する時に困ったのは、 それが京都の有名な呉服問屋から購入した高価な着物であるということです。
ある着物買取業者では、そのあまりの希少価値に驚いたくらいです。
その着物買取業者は、着物を処分しないで自宅に保存しておくことを勧められました。
私は直感したのですが、この着物買取業者は、まともな着物買取業者であると判断できました。
それで最終的にはその着物買取業者に母の大切な着物を譲る決心をしました。
どうしてそのような決心をしたのか、それには理由があります。
着物と長い間お付き合いをしているとわかることなのですが、着物には命があります。
着物に命があるということは、やがて命が尽きる日が訪れるということに他なりません。
それでその日が来る前に 母の大切な着物を処分する決心がついたというわけです。
複数の着物買取業者に着物の査定をしてもらいましたが、私が着物の売却を決心した着物買取業者は、私に着物を売却しないように勧めてくれた着物買取業者です。
私はその時に大きな感動を受けた覚えがあります。
着物買取業者の中にはこのような正直でまともな考えの業者もいることを知って感動いたしました。

Page Top